必要なこと | タクシードライバーへの道標|やりがいを感じる絶好のチャンス

必要なこと

ドライバーの求人に応募して、採用されることで働くことができますが、求人によって求められるものは異なります。
タクシーやバスのドライバーの場合は、運転技術が必要ですが、レーシングドライバーの場合は、運転免許証だけではなく、レースライセンスも必要です。
レースライセンスには、国内Bライセンスと国内Aライセンスの2種類あります。
Aライセンスを取得すれば、国内で行われるレースのほとんどに参加することができます。しかい、Bライセンスだけの場合は、参加できるレースは限定されます。
ライセンス取得というと、難しいイメージがありますが、比較的カンタンに取得することができます。
ただ、Aライセンスを取得したからといって、レーシングドライバーだけで生活していくのは難しいです。
実際に、Aライセンスを取得してレースを楽しんでいるほとんどが、趣味として楽しんでいる人達です。

バスやタクシーなどの仕事の場合は、求人応募することで働くことができますが、プロのレーシングドライバーの場合は、簡単になることはできません。
まず、プロのレーシングドライバーというのは、レーシングチームとドライバー契約を結んだ選手のことです。
レーシングチームと契約するためには、海外の大きなレースに参加して、良い成績を収めなければいけません。
国内のレースに参加するには、国内Bライセンスや国内Aライセンスだけで良いのですが、海外のレースに参加するためには、国際ライセンスを取得しなければなりません。
国際ライセンスを取得するためには、国内レースに参加して、1年間に5回以上決勝で完走して、審査に通過しなければなりません。
始めは国内Cライセンスを取得することができ、それから実績を積み上げることで、最終的に国際Aライセンスを取得することができます。
また、誰もが憧れる海外の大きなレースに出場するためには、スーパーライセンスを取得しなければなりません。
スーパーライセンスは、国際Aライセンスを持っているレーサーの中の、ほんの一部なのです。
同じドライバーの求人でも、求人に応募しれば働けるというわけではなく、実力や実績が必要な仕事なのです。
興味がある人は、まず求人を確認すると良いでしょう。