仕事内容 | タクシードライバーへの道標|やりがいを感じる絶好のチャンス

仕事内容

車、飛行機、電車、バスなど乗り物は様々ありますが、その乗り物の運転手のことをドライバーと言います。
街中でよく見かけるのは、タクシードライバー、バスドライバー、トラックドライバーなどです。
同じドライバーの求人でも、それぞれ仕事内容は大きく変わります。
タクシードライバーの求人内容は、お客様を乗せて目的地まで運ぶというものです。正社員の求人もありますが、アルバイトの求人もあります。
タクシー会社の、会社員として働く場合は、法人タクシーとして、タクシー会社が保有しているタクシーを運転することになります。
個人事業主としても働くことが可能で、個人が所有しているタクシーを使って、営業することもできます。

バスドライバーの仕事もタクシーと同じく乗客を目的地まで運ぶ、というものですが、乗合バスと貸切バスでは走る場所が大きく変わります。
乗合バスの場合は、バス停からバス停に移動するのが基本ですが、貸切バスの場合は、観光地やホテルなどに移動することが多いです。
また、要求されることも違っていて、乗合バスの場合は、時間通りに運行することが重要になりますが、貸切バスの場合は、旅行や観光で使用されることが多いので、場の雰囲気を盛り上げたり、状況によっては走行ルートを変えたりすることが必要です。
バスとタクシーの場合は、乗客を乗せるのですが、バスドライバーの場合は、荷物や原材料を乗せて移動します。
小型トラック、大型トラックなどトラックの種類は様々ありますが、運転するのは求人内容によっても異なります。
トラックドライバーの場合は、運転だけではなく、荷物の積み下ろしなども行うので、体力があった方が有利です。